スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー


あなたの愛犬はやたらカイカイしませんか?

皮膚科専門獣医師は、一般診療における全ての皮膚疾患のうち1~6%が食物有害反応であること、そして犬と猫のアレルギー反応の10~20%が食物アレルギーであることを示唆している。次のような様々な原発性および続発性病変が発生する。:1)丘疹、2)紅皮症、3)表皮剥離、4)色素沈着過度、5)表皮小環、6)足皮膚炎、7)乾性脂漏症、8)外耳炎。食物有害反応は、しばしば膿皮症、瘙痒を伴う脂漏症、毛包炎、外部寄生虫症など、他の一般的な犬の皮膚疾患に似ている。

食物有害反応が疑われる犬の20~30%以上は、ノミアレルギー性皮膚炎やアトピーなどのアレルギー疾患を誘発している。また、食物アレルギーでは、あらゆる部位の消化管が損傷を受ける可能性がある。胃と小腸の機能障害に関係したものと大腸炎も起こり得る。嘔吐と下痢が目立った特徴である。下痢は大量で、水様、粘液性あるいは出血性である。

北米の獣医師の調査では、食品保存料および着色料、小麦、牛肉、鶏卵、トウモロコシ、家禽肉、大豆および乳製品が犬のアレルギーの皮膚症状を起こす一般的な原因とされた。食品添加物に対する反応としてエトキシキンは、純血種の犬における広く蔓延した不妊症、新生子の疾患と死亡、皮膚と皮毛の問題、免疫障害、胸腺、膵臓、肝臓の機能不全、および異常行動の原因とされている。さらに、抗菌性保存料、着色料、抗酸化保存料および乳化剤などのペットフード添加物が、食物不耐性や食物アレルギーを起こすことがある。

個々の動物は、事実上全てのペットフード成分に対して有害反応を起こし得る。しかし、蛋白質や食品添加物を含んだ成分に特に注意を向けるべきである。人間が起こすことが実証されている添加物は、ペットフードにも含まれている。これには、アゾ色素、非アゾ色素、亜硫酸水素ナトリウム、グルタミン酸ナトリウム、硝酸ナトリウム、ブチル化ヒドロキシアニソール(BHA)、スパイス、アルギン酸ナトリウム、グアガム、プロピレングリコールが含まれる。

米国獣医皮膚科学会(AAVD)の獣医師に対する調査では、食物アレルギーが疑われる犬や猫に対する除去食として、自家製フードが最も多く推奨されていた。自家製の試験食は通常、1種類の蛋白質あるいは1種類ずつの蛋白質と炭水化物の組み合わせで構成される。犬用の自家製フードに最もよく推奨される成分は、仔羊肉、米、ジャガイモ、魚肉、兎肉、鹿肉および豆腐である。





■獣医師が開発したドッグフードを食べたイヌが病気に罹り、動物病院で別の獣医師に処置をしてもらう。するとまた別のドッグフードを勧められる・・・









参考文献

小動物の臨床栄養学第4版







書籍

プロフィール

わんわんわん

Author:わんわんわん
ドライドッグフードと鼓腸症との関連性を勉強しています。

これらの情報を大切な愛犬の食餌管理にお役立てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。