スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もどこかで鼓腸症 明日はどこでGDV....ワンコが~!(6)

                           解説

大豆入りヤバイぞ!編の続きです。

騙されへんぞ!編

「クソー!もっと早くに気付いとったらなあ!」 後悔しても死んでいったワンコ達はもう帰ってこない。

エムエムのフードを与えていた期間にだけ被害が集中し数が多いこと、客にも同様の被害が出ていたこと、獣医師が証言していること、大豆を含まないフードを与えている場合は被害が少ないこと、大豆の有害性を指摘するメーカーが存在することなど、これらの事実を重ね合わせると、原因は与えられていた餌であることはもはや疑う余地はなかった。それにしてもこれだけの被害が出ているにも関わらず、なぜもっと早い時期に気付かなかったのか?むしろ問題はこの方が重大だ。

犬男オマエが、インチキ見破れんかったからワンコ殺してもうたんや!?・・・

「オレだけちゃうわ!」

興奮する気持ちを抑え、犬男はエムエム商会に連絡を入れた。また、どんな言い訳をするのか興味もあった。すると、日本支社の営業担当者が飛んできた。犬男は状況を説明するが返答することができない。しかしこの担当者は取引当初から、定期的に訪れており、犬男が捻転(鼓腸症)で悩まされていたことを知っている。この日は自社が発行する文献 「エサウレウレ秘密学」 を贈呈し一旦帰った。

上からの命令か?・・・「これを読んで黙っとけ」と言わんばかりにご丁寧に持ってきた文献。しかし餌屋が作った本など、犬男はまったく信用していなかった。読んだ犬男は、

「これや、これや、餌に気付かんかった原因はこんな情報が出回ってるからや!」

そこには、原因がどこにあるのか解らない紛らわしい内容が記されていた。

犬の胃拡張・稔転の危険因子
1日1回だけの食餌、ウエットタイプの食餌、人の食物、トリーツ、などを食餌から排除する。1種類の食餌だけを与える。1日に2時間より長く運動する。性格が、臆病、神経質、攻撃的である。食餌に粒の直径が5mmより小さい。胸または腹の深さ:幅の比が大きい。品種の標準よりも成熟した時の体重が大きい。加齢。大型種または超大型種である。グレートデン、ワイマラナー、セントバーナード、ゴードンセッター、アイリッシュセッター、スタンダードプードル、バセットハウンド、ドーベルマンピンシェル、オールドイングリッシュシープドッグ、ジャーマンショートヘアードポインター。除脂肪体組織の状態(ボディーコンディションスコア2/5以下)雄動物である。純血種。食べ方が速い。ストレスの多い環(犬の多数飼育または旅行)。・・・・いったい犯人は誰やねん!?

「なるほど、これで俺のワンコも闇に葬るつもりやな!?」

犬男はある大学の図書館へ走った。そして一冊の文献 「日本コレコレ動物病理学」 を発見した。なんとそこには、犬の急性胃拡張、と題して 「ドライドッグフードが病気の一因となる・・・発酵成分がマーモセットでも証明されている・・・」 などと明記されているではないか、内容自体も一貫し、わかりやすい。

「やっぱりこんなんが隠されてんねや?だいたいこういう情報が耳に入らんこと自体何かおかしい!?」

この文献は、学会が編集したもので餌屋なんかが作ったものではない。これで新たな事実が一つ増え、餌への確信が裏付けられる形となった。

「もう騙されへんぞ!」

数日後、エムエム日本支社から幹部数名がやってきた。



火星の偉い人が推奨するドッグフード、エムエム商会の 「ガススパークPON」 が新しく出たよ!いろいろあるよ!?ドンドン売るよ!

  つづく














書籍

プロフィール

わんわんわん

Author:わんわんわん
ドライドッグフードと鼓腸症との関連性を勉強しています。

これらの情報を大切な愛犬の食餌管理にお役立てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。