スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もどこかで鼓腸症 明日はどこでGDV....ワンコが~!(3)

                           解説

これは、実際にあったことを分かりやすくまとめたものです。鼓腸 犬男、搬送編の続きです。

捻転大爆発編

犬男は、エムエム商会のガスデルデルをデンに与え始めた。するとさらに、高頻度で捻転(鼓腸症)が発生した。

ある日の朝、一匹のデンがハウスの中で、ぐったりして動けない。よく見ると、腹部が驚くほどパンパンに膨張している、

「わちゃ~、捻転や!」  「おい!立てるか?」

声をかけてゆすってみるが、もうそんな気力はなかった。かすかに息はしているものの、末期症状だ。

「こらあ、もうあかんかもな・・・」

このデンは結局、搬送途中で死亡した。

その後も次々と犬男のデンに悲劇が・・・

ウゲ、ウゲ、ウゲ、 「わ~!捻転や~!」

ウゲ、 「うわ~!またや~!」

「ぎぇ~、死んどる~!」

容赦なく、捻転が襲いかかった。胃が破裂していたり、中には、妊娠中のメスのデンまでもが・・・

そしてある日、処置を終えた獣医から衝撃的事実を告げられる。

犬男さん、いったい何んの餌を食べさせているのですか・・・・?

すると、

「先生もっている、エムエム商会のドライフードですよ・・・」

         ・・・・?・・・・
                  ・・・・?・・・・

犬男さん、餌を変えないとこの状況が、ずっと続きますよ!

「ええ!」

ですよ!・・・・原因は!!

「え、ええ~! 」



火星の偉い人が推奨するドッグフード、エムエム商会の 「ガスヨ~デルデル・シニア用」 もあるよ!xxxx



つづく...






書籍

プロフィール

わんわんわん

Author:わんわんわん
ドライドッグフードと鼓腸症との関連性を勉強しています。

これらの情報を大切な愛犬の食餌管理にお役立てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。