スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのドッグフード、腹部が膨張して死亡する危険性あり!


2013 AGD/GDV論文 犬の急性胃拡張、胃ガス分析 捻転を伴う 

Wiley Online Library

AGDにおけるVan Kruiningen博士の新たなこの研究は、約一年を要した。論文に報告されたドッグフードは、犬たちが鼓腸症(AGD/GDV)を引き起こし、外科手術が必要になったその日に食べていたものである。

報告にある10症例の胃内ガスは、手術時に犬が開腹されたとき、胃からガスとドッグフードの残留物が取り除かれる前に採取されたサンプルである。同博士によれば、「これまで研究された中で最良のもの・・・」とその後、述べており、博士の提唱する細菌発酵説が再度、立証されたことを明らかにしている。

また、一部のペットフード会社や獣医師及び御用学者らの吹く空気嚥下説を支持する新たな論文も無く、空気を飲み込んで死亡したことを証明した学者も存在しない。

したがって、犬に市販のドライドッグフードを与え続けていると、突然、腹部が膨張し、鼓腸症(AGD/GDV)を惹起する原因となる。





書籍

プロフィール

わんわんわん

Author:わんわんわん
ドライドッグフードと鼓腸症との関連性を勉強しています。

これらの情報を大切な愛犬の食餌管理にお役立てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。