犬の死亡原因、胃拡張・捻転の危険因子とは?

空気嚥下が引き起こす?AGD/GDV?

ドライドッグフード食べた後、急激に腹部が膨張し、苦しみだしているイラスト

通常、急性胃拡張もしくは胃拡張・捻転発症したは、このような状態になるのだが、

はたして、これは空気を飲み込むこによって起こるのか?

死に至るまで、空気を飲み込み続けることがあるのか?

鼓腸症発症


下記の記述は、小動物の臨床栄養学第4版(および5版?)からの抜粋である。

これらのデータはGlickman博士らの論文を引用している。

また同博士によると、その論拠は空気嚥下説(Caywood1977)が基になっており、
その研究費は、ピュリナ社及びモーリス動物財団(ヒルズ)などからの助成金である。



以下抜粋、





           (中略)



●危険因子

胃拡張とGDVの原因の解明のため、過去20年にわたりいろ
いろと努力されている。これらの努力にもかかわらず、この症
候群の原因は明らかになっていない。しかし疫学的研究によ
り、素因となり促進的に作用する危険因子が多数認められている。

            (中略)


 胃拡張・捻転の危険因子

1日1回だけの食餌

ウェットタイプの食餌、人の食物、トリーツ、などを食餌
から排除する。

1種類の食餌だけを与える。

1日に2時間より長く運動する。

性格が、臆病、神経質、攻撃的である。

食餌の粒の直径が5mmより小さい。

胸または腹の深さ:幅の比が大きい。

品種の標準よりも成熟した時の体重が大きい。

加齢

大型種または超大型種である。

グレートデン、ワイマラナー、セントバーナード、ゴードンセッター、
アイリッシュセッター、スタンダードプードル、バセットハウンド、
ドーベルマンピンシェル、オールドイングリッシュシープドッグ、
ジャーマンショートヘアードポインター

除脂肪体組織の状態(ボディーコンディションスコア2/5以下)

雄動物である。

純血種

食べ方が速い。

ストレスの多い環境(の多数飼育または旅行)


Journal of the American Animal Hospital Association 1997;33: 197-204.

Journal of Veterinary Syrgery 1997;26: 260


以下省略









今日もどこかで空気嚥下?明日はどの犬呑気症?先生早く助けて~!




鼓腸症(急性胃拡張/胃拡張捻転)による胃の膨張は空気嚥下、これが獣医師会の定説である。 と、ペットフード会社の獣医師が言っている。 笑

したがって、AGD/GDVによる死の原因は、空気を飲み込むことである。 





今日もどこかで空気嚥下



「注意!犬にペットフード会社の指示通りにドライフードを与え続けると空気を飲み込んで死亡することがあります。」

と、パッケージに表示するべきでしょう。 







アメリカのGDV (鼓腸)発症被害 


危険な空気嚥下?

文献には、「GDV(鼓腸)」 と明記されている。

アメリカでは空気嚥下が原因で?、急性胃拡張(AGD)もしくは胃拡張捻転(GDV)に罹る犬年間4万~6万頭。

死亡した軍用犬の剖検所見においては3.4%に認められ、獣医学教育病院に来院したGDV症例数は、1964年~1974年までに1500%の増加を示したとされる。




buu




日本においても、かなり多くの犬に空気嚥下?によるAGD/GDV(鼓腸)の被害が発生しているものと思われる。




参考にした文献

小動物の臨床栄養学第4版
   









GDV(鼓腸症ともいう)で死亡した犬の外見的特徴


裁判での証言


AGDもしくはGDVによる腹部膨張の原因が空気嚥下(説)とすると、




「もうぱんぱんに腫れて、これ以上飲めないだろうというところまで拡張しています。」






参考資料

大阪地方裁判所 平成17年(ワ)4444号 

証人調書

平成18年10月5日

Jean A. Hall (ジーン A ホール博士)

オレゴン州立大学 生物医科学部 獣医学 助教授





書籍

プロフィール

わんわんわん

Author:わんわんわん
ドライドッグフードと鼓腸症との関連性を勉強しています。

これらの情報を大切な愛犬の食餌管理にお役立てください。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード